ディメンション・メトリクス・フィルタ・セグメントの使い分け

アクセス解析は、元々はサーバーのシステムを調査するために使われていました。
現在では、マーケティングのための解析にも応用が進んでいます。

4つの視点
グーグルアナリティクスでは、解析がしやすいように以下の4つの視点に分けて集計や絞り込みができるようになっています。
「ディメンション」
「メトリクス」
「フィルタ」
「セグメント」

です。
一見複雑そうに見えるさまざまなデータでも、これらの視点で絞り込んでみると解析が容易になります。
では、それぞれ4つの視点が具体的にどのような場面で活用できるのかをご紹介します。

グーグルアナリティクスでは、すべてディメンションと指標の組み合わせに基づいて構成されます。

ディメンション
ディメンションとはデータの”属性”のことです。
「ページ別」「日別」「検索エンジン別」といった、データを集計する際の切り口となる項目です。

「○○という項目ごとに✕✕という指標を見たい」という場合の「○○という項目」が「ディメンション」です。
具体的には、「ランディングページごとの直帰率をみたい」という場合は、ランディングページが「ディメンション」になります。

さらに、「ページ別かつデバイス別で解析したい」といったケースでは、ディメンションが2つ必要になります。

グーグルアナリティクスでは、このような場合に「セカンダリディメンション」を追加することができます。

予め用意されていないディメンションで切り分けたい場合は、独自に項目を作成することで「カスタムディメンション」として扱うこともできます。

「会員/非会員といったアクセス解析にはない独自の項目で解析したい」といったケースでは、

グーグルアナリティクスでは、メトリクスを「行」に、ディメンションを「列」に表示されます。

指標(メトリクス)
データを定量的に状況を判断したり評価したりするためのものです。
ディメンションに対して「ページビュー数」「直帰率」「滞在時間」といった数値や合計平均や割合などのことです。

Google アナリティクスでは、たとえは「ポイント利用回数」といったアクセス解析にはない独自の値を解析したい場合には、独自に値を定めて「カスタムメトリクス」として扱えます。
このように、「○○という項目ごとに✕✕という指標を見たい」という場合の「✕✕という指標」が「メトリクス」です。セットで覚えておきましょう。

ディメンションとメトリクスが混乱しやすい場合

「ディメンション」と「メトリクス」のどちらにも似たような名称があり、紛らわしいものがあります。
例えば、Google アナリティクスにおいて、「ユーザー」→「行動」→ 「リピートの回数や間隔」を見てみると、「セッション数」がディメンション(集計項目)、「セッション」がメトリクス(指標)として表示されています。

つまり、このデータからは訪問した回数別でデータに差がでることがあります。
迷ったときは「○○ごとに」「○○別に」といえるか、合計や平均に価値があるかを考えると、判断しやすくなります。

例えば、セッションは合計や平均に意味があるのでメトリクスですが、男性·女性の合計や平均は意味がないためメトリクスではありません。

セグメント
データとして記録されるユーザーの行動を特定の条件で絞り込む機能です。

Googleアナリティクスでは、「タブレットとPCのトラフィック」と「モバイルトラフィック」というセグメントがあらかじめ用意されており、環境に合わせた解析が簡単にできるようになっています。

特に、ユーザーの行動が多様化している現代ではセグメントが重要視されており、戦略に基づく設計の際、どのようなセグメント条件を「カスタムセグメント」として設定するのかで解析結果が左右されます。

「フィルタ」と異なり、絞り込んだ状態ごとに比較できるというメリットがあります。

Google アナリティクスでは、セグメント条件を一度に適用させる場合を「条件(condition)」、「昨日Aページを見て、今日Bページを見た」というような行動の順番を考えたセグメントを「シーケンス(sequence」と呼びます。

フィルタ
特定の条件に合致するデータを含めたり、外したりして集計するための機能です。
Googleアナリティクスでは、ピューやアカウントに設定する「フィルタ」と、表示データを期的に扱り込む「アドバンスフィルタ」があります。
それぞれの機能は同じものではないため、注意が必要です。

ビューやアカウントに設定するフィルタは「データそのものを集計対象にしないという特徴があるため、フィルタを変更しても元々のデータを集計することはできません。

一方、表示データをその場で切り込める「アドバンスフィルタ」という機能もあります。同じ表記なので少し複雑ですが、まったく異なる機能です。
こちらは、表示しているデータを間期的に絞り込むための機能です。

すべてのページから「Aに関するページだけを見たい」といった場合に、ページタイトルで絞り込んだものです。
「その場でサクっと絞り込んで見てみたい」といった場合に使います。
「アドバンス」という言葉は「詳細」と認識しておくとわかりやすいかもしれません。

セグメントとフィルタが混乱しやすい場合

「データを簡易的に絞り込めるフィルタ」と「セグメント」は、どのように違うのか疑問に思ったかもしれません。
「データを簡易的に絞り込めるフィルタ」は、その画面(ページのみで有効ですが、「セグメント」は取り込みを保ったまま、ほかの画面(ページにも移動できるというメリットがあります。
また、同じようにデータを絞り込んでも、違う結果になる場合があります。