環境分析

目標の達成には何を測定し、どのようにすれば正しく結果を把握すれば、改善策を見つけ出すことができるのでしょうか。

事業では決められた期間内での目標達成のため、アクセス解析に着手しようと考え、グーグルアナリティクスなどの解析データを見る方のうち、結果をただ眺めるだけではデータはたくさん並んでいるだけで、どこから手を付けてよいかわからないという方が多くいます。

どこから手を付けてよいかわからない

Aさん

Aさん

どこから手を付けてよいかわからない

アクセス解析を行う主な目的は、アクセスしたユーザーの行動を知り、ビジネスの成功につなげることです。
しかし、膨大なアクセス解析データを見るだけでは、解決策は示されていません。
ユーザーを理解し、事業を理解しなければ、何を見ていいかも、何をしていいかもわからないからです。

それでは、どうやってユーザーと事業を理解すればよいのでしょうか?
そして、それをどんな行動につなげればよいのでしょうか?

ビジネスをとりまく状況を理解することを「環境分析」といいます。

環境分析(ユーザー分析、競合分析、 事業分析)を行った上で、企業の目標を数値にして理解することが必要なのです。

アクセス解析をする前の段階として、まずはビジネスの環境分析や、その結果から目標や計画の数値を決める必要があります。

MEMO

「分析」(Analysis)とは、現状を論理的に整理·分解し、言葉で説明することで、
過去の事実をまとめることが目的です。

これに対して「解析」(Analytics)とは、 数値的に現状や予測を整理・分解し、数字で説明すること。過去の事象がなぜ起きて、将来何が起きそうなのかを予測することが目的です。

アクセス解析でよく使う指標とその特徴